« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

愛知県 澤田様

ご注文内容:Alligator Special
ご注文日:H28.2.27

この度お買い上げいただきましたのは、「Alligator Special」の名のとおり、オーナー様の理想を叶えたカスタムロッドで、ブランクスから長さ、バランス、ガイド設定、カラーリング、仕様にいたるまで、こだわりにこだわり抜かれたスペシャルロッドです。

「Alligator Special」というロッドネームは、バランスなどが定番商品とはまったく違うカスタムロッドの場合につけられるネームで、修理のときなどに、バランスや仕様が大幅に変更されていることがわかるようになっています。

使用オモリは120号前後に設定。

食い込みと張りのバランスが絶妙な上物ロッドを目指して、元になる素材から削り出すところから、製作をスタートさせていただきました。

ロッドバランスはオーナー様の理想のカーブで張りをもたせ、魚がかかったときに、魚の引きを存分に感じられるよう、さらに深く曲がり込んでいくような調子を再現。

カラーリングはオプションカラーである赤系のラメフリで、ほかにもオプションワンポイントやオーナー様のネーム入れなど、オプションが満載です。

特にチップは、ガイド止めと同じ色にして、ガイド止めの部分の色が重なることによって、違う色を使用しているように見せてる、やや高度なテクニックを用いています。

ある程度、色が重なったときに影響し合うぐらいの色でやらないと効果が出ないのと、仕上がりの色具合を想像するしかないので、意外に難しいカラーリングですが、うまく仕上がったときは全体的な統一感が強調されるため、よりオーダーメイド感ただよう雰囲気になるのでオススメです。

視認性をよくするために、先端部のチップ、ガイド下部分を白に塗り分けました。

また、持ち運びやすいように巻物バットの2ピース仕様にしており、こちらもこだわりの仕様です。

これだけ手を入れても、仕上がりのバランスが抜群にいいのは、これまで長年にわたり、数多くのアリゲーターロッドをご愛用いただいているオーナー様ならではだと思います。

毎度ありがとうございます。
今後ともご贔屓に!

チップ:その他のラメフリ/ガイド下:その他のラメフリ/ガイド止:289/ガイド:ゴールド/ワンポイント:N2-金/ステッチ:ゴールド/フロントグリップ:LPA-赤/リアグリップ:LPA-赤※(先端部塗り分け)

Dsc_0946

Dsc_0947

Dsc_0948

Dsc_0952

Dsc_0953

Dsc_0954

Dsc_0955

Dsc_0957

Dsc_0958

Dsc_0961

Dsc_0964

| コメント (0)

東京都 戸坂様

ご注文内容:アリゲーター160LE
ご注文日:H28.3.18

この度お買い上げいただきましたのは、ワラサから遠征時のエサ釣りまで、いろいろ使える人気のショートロッド、「アリゲーター160LE」。

持ち運びに便利でいろいろ使える、サブロッドとして面白いと、当店でも依然人気の高いロッドです。

ロッド特性は、しなやかで柔らかさのある竿先とかなりしっかりとした竿元で、使いやすさと自由度と安心感を兼ね備えてます。

これからのシーズンは、ワラサ(手持ちでも置き竿どちらでも)やオニカサゴなどでの使用もオススメ。

ワラサ釣りでは、2本目の置き竿として、もしくは手持ちおのときは手返し重視でクッションゴムを短め、もしくはクッションなしで、ダイレクトに引きもみを楽しみながら効率よく釣るのにとても使いロッドです。

これまでの160(LE)のオーナー様も、みなさまそれぞれに、いろいろな使い方で楽しんでいらっしゃるようです。

カラーオーダーは赤ラメをベースに白でまとめた統一感のあるスッキりとした組み合わせ。
好みの色のオーダーロッドで釣るのは格別で、釣りをしている時も、手入れをしている時も、いつもの何倍も楽しめます。

この度は本当にありがとうございました。
今後ともご贔屓に!

★アリゲーター160LE
http://www.e-outrigger.com/light-tackle/light-tackle.php

チップ:003/ガイド下:017/ガイド止:018/ワンポイント:017/ステッチ:なし/フロントグリップ:リゼンブルレザー白/リアグリップ:リゼンブルレザー白/ガイド:ゴールド

Dsc_0926

Dsc_0927

Dsc_0928

Dsc_0929

Dsc_0930

Dsc_0931

Dsc_0933

Dsc_0934

Dsc_0935

Dsc_0936

Dsc_0940

| コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »